justachild.exblog.jp
ここや/そこ/あちこちで/わたしたちは/徹底的に/やる

梶原金八

 ここにもう一通の手紙がある。小石栄一監督が、昭和五十六年八月二十三日に、ぼくの質問に答えて書いて下さったものである。質問は「鳴滝組」が、二回目の作品「勝鬨」を書いたときの本当のいきさつや、執筆状況についてである。それについての伝説みたいなものはいろいろあるけれど、「勝鬨」を監督した小石栄一監督(当時数えの三十一歳)の側からの発言が皆無なので、この際お聞きしてつき合わせておきたかったからである。お許しを願って、お手紙中のその部分を、ここに紹介させてもらうことにする。次の通りである。
「昭和七年頃、右太プロで、『十三番目の同志』『家賃と娘と髯浪人』を撮った後、昭和八年頃、大日本自由映画で前進座の第一回作品『段七しぐれ』を撮って、それから炭坑地帯の記録映画をやって、右太プロに帰って『足軽突撃隊』や『爆走する退屈男』や『武者絵崩れ』等というのを撮っています。
 作品名をあげたのは、当時私がマルクス・エンゲルスに傾倒し、プロキノにシンパの形で関係したりしていたものだからです。しかしそんな世界は来そうもないので、思想的方向を失って、昭和九年は、競馬などやって憂さ晴らしをしているのを皆が心配して、ことに浩ちゃん(稲垣浩)が心配して、七月に社堂やんが『足軽出世譚』を終えるのを待って彼と相談して、千恵さんに更に相談――、どや、千恵プロ一本撮らんか――と言う話になった。
 そこで脚本はと言うことになるわけです……。」

 やはり「勝鬨」も「二百十日」と同じく、仕事をしていない友人のため、仕事のチャンスを作ろうとする友情からであったわけである。
手紙にある「それを皆が心配して」の皆は、この場合、稲垣浩、山中貞雄、八尋不二、滝沢英輔の四人である。手紙には同監督と四人との関係が簡潔に述べられてある。山中貞雄とのところは、ずっと先に引用したから、ここでは略して――
「浩ちゃんは、私がマキノで四本撮って松竹へ帰ったときに、林長二郎(長谷川一夫)の『怪盗沙弥麿』を助監督として手伝ってくれました。八尋君とは彼の第一回の脚本『学生五人男』が私の第一回作品であり、且つ同県人です。憲坊(滝沢英輔)は俳優として私の現代劇に出演しています。そんなわけで皆が私に温く期待していてくれたことも事実です。
『勝鬨』は千恵さんの遊び宿『さくら家』で、以上の四人と私が、交代で書きました。手のあいている者は休むことになっているのに、隣室で花札をひいて遊んでいるので、『おい、早う交代しろ』と怒鳴ったりしたのを覚えています。話のイニシアチブをとっているのはいつも社堂やんでした。不二でも浩ちゃんでもありません。またその話が、八尋君の持ちだしたものか、浩ちゃんの言い出しか、社堂やんが『どうや、こんな話……』と例の如き口調で話し出したのか――、自分が撮った作品でありながら思い出せないのは、いろんな意味で申し訳ないです。
 そうしてこの『勝鬨』が、梶原金八という名のはじまりになるのですが、『梶原』は、東大の梶原――」
 と、ここで、途中ではあるがちょっと解説する。「梶原」はもう「二百十日」のときからで、その由来も、集団の草分けのひとり稲垣浩が昭和十三年の『シナリオ・臨時増刊』における一文『山中と梶原金八』で明らかにしている。すなわち「当時、六大学野球で帝大の梶原(英夫)君が七割何分かの打撃率をもってリーディング・ヒッターであった処から、『これは十本のうち七本は当たる』という山中の発案」であったのである。問題は金八である。どうして金四郎が金八になったのか。人数合わせで行くなら金五となるはずである。手紙の小石監督によれば、こともなげに、次の通りである。
「最初、二ノ宮金次郎のキンジローをとって金次郎だったのですが、金次郎は一寸おかしいな、それじゃ末広がりの金八ではどうや、という何でもない雑談のうちに『梶原金八』と決まったのです。決して八人居たから金八ではありません。八人はあとで、つじつまを合わせて八人にしたのでしょう。」

『映画監督 山中貞雄』 加藤泰 キネマ旬報社 P218
[PR]
by JustAChild | 2010-08-05 06:04 | Wards


ここや/そこ/あちこちで/わたしたちは/徹底的に/やる


by JUSTAchild

プロフィールを見る

カテゴリ

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z
Wards

以前の記事

2016年 04月
2015年 01月
2014年 06月
2012年 12月
2012年 03月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

タグ

検索

記事ランキング