justachild.exblog.jp
ここや/そこ/あちこちで/わたしたちは/徹底的に/やる

ヴィットリオ・ストラーロ  私たちは過去のすべての撮影者を代表している

ストラーロ 『暗殺のオペラ』では基本的なアプローチはストーリーそのものが指示してくれていた。架空の物語でしたが、本当にあった話として表現しようとした。ある小さな町が物語の舞台だったので、その狭い地域をひとつの巨大なステージとして表そうというのが私たちの考え方だった。使おうとしたのは強烈でかつ純粋な色彩でした。ベルトルッチとの最初の映画でした。この映画の準備のためにミラノやローマのような大都会を出て、初めて田舎に行った時のすばらしさといったらなかった。都会では、煙や霧がフィルターのような作用をするので、物の本来の色が見えない。真っ赤な夕焼けや、青々とした水や、緑の草原が実際のところよく見えていないのです。澄んだ空気の中で、自然の純粋な色を見た時は、何とも言えない感動と強烈な印象を受けた。都会の騒音に邪魔されずに音を聞くこともすばらしかった。いつも車やエアコンやテレビなどの音をひっきりなしに耳にしているので、音を聞く能力が失われているけれど、そういう雑音を取り除くと、にわかに木の葉の落ちる音、木々の間を吹き抜ける風の音が聞こえてくる。これは大きな発見でした。『暗殺のオペラ』のあのルックはこういう経験から出たものです。
 私たちは現代の撮影者として、過去のすべての撮影者を代表している。現在に至るまでのありとあらゆる仕事の集積があって、はじめて現在の私たちがあるわけです。しかし、さらにその先に絵画の歴史がある。洞穴の壁に描かれた最初の落書き以来、古代エジプトの絵画以来、ピエロ・デラ・フランチェスカ以来、それぞれ独自の様式で、ストーリーや形態を個人の感情として表現するさまざまなやり方があらわれてきた。私たちの意識するしないにかかわらず、デザインしたり写真を写したり映画を撮ったりする時、それはこれまでの二千年の歴史をバックボーンとして表現しているということなのです。ですから私たちはこれまでになされたものを意識している必要がある。画家に過去のある様式と同じに絵を描いてくれというのは間違っていると思うし、ある撮影者のほかの映画と同じスタイルで撮影しろというのも間違っている。そんなことは絶対に出来ることじゃない。まったく同じような形で、同じ要素、同じ歴史が繰り返されることなどありえないからです。でも、どの方向に進むか、何をやりたいのか自分ではっきり知るために過去の作品を参考にすることはできます。

――リファレンスとしう形でのみ存在するということですね。

ストラーロ 参考にするものがあると、こうではなくああだと私たちに方向付けを与えてくれる。ですから文化や歴史に関する知識、それに自分自身の経験が大切になる。絵だけではなくて、演劇だとか、今こうして話し合っていることも大事なことなのです。あなたが手にしておられる書類が今このテーブルに影を落としていますが、これも私にとって参考になっている。私の心に影響を与えているかもしれないのです。どんなふうにか、あるいはなぜだか、またいつなのかはわかりませんが、これがまた記憶によみがえらないとは言えないのです。


(デニス・シェファー、ラリー・サルヴァート 『マスターズ・オブ・ライト アメリカン・シネマの撮影監督たち』  訳:高間賢治 他 フィルムアート社 P257)
[PR]
by JustAChild | 2010-09-26 18:21 | Wards

ヴィットリオ・ストラーロ  私たちは過去のすべての撮影者を代表している

ストラーロ 『暗殺のオペラ』では基本的なアプローチはストーリーそのものが指示してくれていた。架空の物語でしたが、本当にあった話として表現しようとした。ある小さな町が物語の舞台だったので、その狭い地域をひとつの巨大なステージとして表そうというのが私たちの考え方だった。使おうとしたのは強烈でかつ純粋な色彩でした。ベルトルッチとの最初の映画でした。この映画の準備のためにミラノやローマのような大都会を出て、初めて田舎に行った時のすばらしさといったらなかった。都会では、煙や霧がフィルターのような作用をするので、物の本来の色が見えない。真っ赤な夕焼けや、青々とした水や、緑の草原が実際のところよく見えていないのです。澄んだ空気の中で、自然の純粋な色を見た時は、何とも言えない感動と強烈な印象を受けた。都会の騒音に邪魔されずに音を聞くこともすばらしかった。いつも車やエアコンやテレビなどの音をひっきりなしに耳にしているので、音を聞く能力が失われているけれど、そういう雑音を取り除くと、にわかに木の葉の落ちる音、木々の間を吹き抜ける風の音が聞こえてくる。これは大きな発見でした。『暗殺のオペラ』のあのルックはこういう経験から出たものです。
 私たちは現代の撮影者として、過去のすべての撮影者を代表している。現在に至るまでのありとあらゆる仕事の集積があって、はじめて現在の私たちがあるわけです。しかし、さらにその先に絵画の歴史がある。洞穴の壁に描かれた最初の落書き以来、古代エジプトの絵画以来、ピエロ・デラ・フランチェスカ以来、それぞれ独自の様式で、ストーリーや形態を個人の感情として表現するさまざまなやり方があらわれてきた。私たちの意識するしないにかかわらず、デザインしたり写真を写したり映画を撮ったりする時、それはこれまでの二千年の歴史をバックボーンとして表現しているということなのです。ですから私たちはこれまでになされたものを意識している必要がある。画家に過去のある様式と同じに絵を描いてくれというのは間違っていると思うし、ある撮影者のほかの映画と同じスタイルで撮影しろというのも間違っている。そんなことは絶対に出来ることじゃない。まったく同じような形で、同じ要素、同じ歴史が繰り返されることなどありえないからです。でも、どの方向に進むか、何をやりたいのか自分ではっきり知るために過去の作品を参考にすることはできます。

――リファレンスとしう形でのみ存在するということですね。

ストラーロ 参考にするものがあると、こうではなくああだと私たちに方向付けを与えてくれる。ですから文化や歴史に関する知識、それに自分自身の経験が大切になる。絵だけではなくて、演劇だとか、今こうして話し合っていることも大事なことなのです。あなたが手にしておられる書類が今このテーブルに影を落としていますが、これも私にとって参考になっている。私の心に影響を与えているかもしれないのです。どんなふうにか、あるいはなぜだか、またいつなのかはわかりませんが、これがまた記憶によみがえらないとは言えないのです。


(デニス・シェファー、ラリー・サルヴァート 『マスターズ・オブ・ライト アメリカン・シネマの撮影監督たち』  訳:高間賢治 他 フィルムアート社 P257)
[PR]
by JustAChild | 2010-09-26 18:21 | Wards


ここや/そこ/あちこちで/わたしたちは/徹底的に/やる


by JUSTAchild

プロフィールを見る

カテゴリ

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z
Wards

以前の記事

2016年 04月
2015年 01月
2014年 06月
2012年 12月
2012年 03月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

タグ

検索

記事ランキング