justachild.exblog.jp
ここや/そこ/あちこちで/わたしたちは/徹底的に/やる

タグ:山田宏一 ( 3 ) タグの人気記事

山田宏一   ブリジット・バルドーは探偵ごっこがお好き

 べべの最愛の夫(アンリ・ヴィダル)は若くてハンサムな歯医者さん。妖艶な美人ダンス教師(ドーン・アダムス)が彼をさかんに誘惑しようとしていることをべべは知っている。その美人ダンス教師が殺された。しかも、彼女の死体のかたわらには、こともあろうに、彼がピストルを手にして呆然と立ちつくしていた。もちろん、彼は無実、"あたしの彼"が殺人など犯すわけがないのだから。でも、警察はきっと彼を殺人容疑で逮捕するにちがいない。そのまえに、なんとかして真犯人を見つけださなければ!
 そこで、べべは、殺された美女のダンス教室にもぐりこみ(もちろん踊りはセックス同様得意中の得意なべべのことだからダンスの先生というふれこみで雇われる)、被害者の周辺をさぐってみると、怪しい人物がゾロゾロ出てくる。なかでも、ゲイ・バーのダンサーのフィリップ・ニコーが、どうも、くさい……。
 『気分を出してもう一度』(ミシェル・ボワロン監督、1959年)のブリジット・バルドーは、こうして、そそくさと事件の現場に出かけていき、独自の捜査を開始、そして、そんな彼女の素人探偵ぶりにうんざりさせられながらもじっとイライラして辛抱強く耐えてくれる警部さん(ポール・フランクール)の力を借りて、見事、真犯人をとらえてみせる。

<中略>

 ミシェル・ボワロン喜劇のべべは浮世の苦しみなど知らぬわがまま放題のブルジョワ娘。『気分を出してもう一度』の彼女が、アンリ・ヴィダル――というのは実生活ではミシェール・モルガンの若い夫で、『リラの門』(ルネ・クレール監督、1957年)でダニー・カレルを地下室にひっぱりこんで誘惑したセクシーで色男の殺人犯であるが、ミシェル・ボワロン喜劇ではいつもべべの愛する夫の役である――の演じるハンサムな歯医者さんを好きになって"しゃにむに"自分のものにしてしまったことは想像に難くない。実際、パパ(ノエル・ロクヴェール)の猛反対を押し切って、彼女はこの素敵な歯医者さんと結婚したのである。彼女はもちろんパパも大好きだが、歯医者さんの彼のほうがもっと好きなのだ。好きで好きでたまらないから、診察室にまで彼のあとをついていって、白衣を着こみ、患者などそっちのけにして、彼とベタベタ、キスばかりしている。その大好きな彼が濡れ衣を着せられて犯罪事件に巻き込まれたのである。べべとしては黙っているわけにはいかない。というわけで、この"神聖なお転婆娘"の探偵ごっこがはじまるのだ。
 ところが、この素人探偵は踊りに目がない。踊りはもちろん彼女にとってはセックスの代名詞である。その最も象徴的なシーンが、ダンス教室のホールで、"ふとって身軽な"ダリオ・モレノと陽気で快活なマンボを踊り狂うところ。『素直な悪女』の有名なマンボのシーン以上に心ときめく軽やかなたのしさにあふれていた――何もかも忘れてひたすらマンボを踊ることだけに身も心も浮かれ狂うべべの生きる歓びが、高らかな笑い声になってほとばしり出ていた忘れがたいシーンだ。
 すばらしいのは、べべの身の軽さである。マリリン・モンローは、たぶん、運動会の百メートル競走ではいつでもビリで、それがまた男性たちの拍手喝采を浴びることになるだろう。しかし、べべはけっしてビリにはならない――思ったよりもずっと身軽で、敏捷で、走るのが速いのである。もちろん、ミレーユ・ダルクのあの動物のような狡猾な疾走ぶりにはかなわないとしても。
 ミレーユ・ダルクも、ジョルジュ・ロートネル監督の抱腹絶倒暗黒活劇では、よく犯罪に首を突っこんだ。だが、彼女はひどく"こわがり"だし、そして逃げ足も早い。『気分を出してもう一度』のべべは、けっして大胆不敵というわけでもなく逃げ足が遅いわけでもないのだが、それにしても好奇心が強すぎるのである。もっとも、子供のような好奇心でフィリップ・ニコーの女装とメーキャップを穴のあくほど見つめているうちに、犯罪の謎をとくカギを発見するのであるが――。
 『ジャガーの眼』(クロード・シャブロル監督、1965年)のマリー=シャンタル(マリー・ラフォレ)のようにべべは何不自由ない都会の生活に退屈していたわけではないのだが、しかしいざ犯罪事件に巻きこまれたとなると、マリー=シャンタルも顔負けの冒険好きなのである。

(山田宏一 『新編 美女と犯罪』 ワイズ出版 P208)
[PR]
by JustAChild | 2010-09-24 17:42 | Wards

山田宏一   シルヴィア・シドニーのまごころ


 シルヴィア・シドニーは一九三〇年代のハリウッドの「最も悲しみにみちた瞳」の女優だった。
いつも、小さなかわいらしい丸顔に大きな眼をして、そのつぶらな瞳――というよりは目玉という感じなのだが、ベティ・デイヴィスの憎々しい目玉とは対照的なせつないくらいの愛くるしさだ――に涙をいっぱいたたえ、こみあげてくる悲しみにくちびるをふるわせ、かろうじて嗚咽をこらえていた。顔の半分くらいはありそうな大きな額はまるで悪意というものを知らない無垢にかがやいているかのように白くきれいで(心配事があると、顔いっぱいにその白くきれいな額をくもらせる)、小柄なからだ全体がまるで凍えるようにうちふるえ、暗い、喜びなき人生を一生懸命に生きようと傷つき、もだえているかのようだった。
 D・W・グリフィス監督のサイレント映画のヒロイン、あの、「彼女に対してかくもきびしくつめたかったこの世に最後の微笑みを送って」死んでいった『散り行く花』(一九一九)の薄幸のヒロイン、リリアン・ギッシュにも比較された。ただ、くちびるだけは、リリアン・ギッシュのおちょぼ口とは似ても似つかぬ、大きくふくよかな口唇で、それだけに、美しいまごころそのものといった彼女の小さなまるぽちゃの顔に微笑みが浮かぶと、あっという間に歓びがひろがって、こんなに思いがけなくて、こんなにうれしくて、こんなに感動的で、こんなに心をなごませてくれるものがこの世にあるんだろうかと思わせるくらいだし、愛する夫や恋人に熱いくちづけをするとき(彼女は、夫を、恋人を、いつも、まるで二度と帰ってこないと思っていたひとが帰ってきたかのような歓びにふるえながら迎え入れて抱きすくめるのである)、彼女ほど熱のこもったキスをする女性がこの世にいるだろうかとすら思わされるのだ。


(山田宏一 『新編 美女と犯罪』 ワイズ出版 P125)
[PR]
by JustAChild | 2010-08-28 04:52 | Wards

山田宏一   ジーン・ティアニーのローラ


一九四〇年代のハリウッドのフィルム・ノワールを妖しく彩ったファム・ファタール(妖婦=運命の女あるいは魔性の女)のなかでも、『ローラ殺人事件』のジーン・ティアニーは最も魅惑的な謎の美女だ。

<中略>

 「ローラが死んだあの週末をわたしは忘れない」というクリフトン・ウェッブのナレーションと回想から映画は始まる。典型的なフィルム・ノワールの話法だ。ローラの「保護者」であったジャーナリストのクリフトン・ウェッブがダナ・アンドリュースの刑事に向かって回想形式で語る話のなかにジーン・ティアニーのローラが生きた姿で出てくるのだが、ダナ・アンドリュースはもちろんまだ彼女の死体と彼女の部屋に飾られた肖像画しか見ていない。そして、すでに恋をしているのだ。「死体に恋をする」倒錯性をずばりクリフトン・ウェッブに指摘されるのも当然なのである。それから十四年後に死んだ女のイメージにとり憑かれて破滅にに向かう『めまい』(アルフレッド・ヒッチコック監督、一九五八)のジェームズ・スチュアートの前身と言ってもいいかもしれない。それからさらに三十一年後には、デヴィッド・リンチ監督がテレビ・ドラマ・シリーズ『ツイン・ピークス』で死んだ女(ローラという名は偶然だろうか?)に魅せられたように捜査をつづけるFBI捜査官(カイル・マクラクラン)を登場させることになる。
 ダナ・アンドリュースは、殺人事件の捜査にかこつけて、ローラの香水が――女の香りが――まだただようアパートに単身入りこみ、泊まりがけで、彼女の遺品を調べ、その「思い出」にふれる。
 暖炉の上の壁に掛けられたほとんど等身大のローラの肖像画に魅せられたまま、彼は深い椅子に腰をおろして眠ってしまう。テーマ音楽のメロディーが静かに流れる(シンセサイザーで処理されたような不思議な、そして悲痛な音色のテーマ音楽がメランコリックなムードを高めた記憶があるのだが、ビデオで見た版は、デヴィッド・ラクシンのスコアの美しい旋律には聴き覚えがあるものの、ごくふつうのオーケストラ演奏だった。記憶のなかで伴奏音楽の音色がふくらんでしまったのかもしれない)。
 外はどしゃ降りの雨である。それだけいっそう、部屋のなかの静けさが伝わってくる。ものすごくいいムードだ。キャメラがゆるやかに眠る男に寄っていく――まるで夢のシーンに入っていくかのように。それからまた、ワンカットのままキャメラを引くと、壁のローラの肖像画がフレームに入ってくるあたりで、ドアのあく音がする。キャメラがふりむくようにドアのほうをとらえると、レインコート姿の若い女が部屋に入って、ドアをしめるところである。女は誰かがソファに眠っているのにきづき、暖炉のわきの灯をつける。男は目をさまし、おどろいて見つめる。そこには死んだはずのローラが、夢の女が、立っているのである。
 ヒッチコックの『めまい』で、淡いグリーンの光に彩られて、死者の中から、キム・ノヴァクが、ジャームズ・ステュアートの前に、よみがえってくるシーンを想起させる、あるいはむしろ予告する、すばらしさだ。
 「生きていたのか」と男は信じられないように女に向かって言う。壁に掛けられた絵からそのまま抜け出てきたような非現実的なイメージではないにもかかわらず、彼女の「出現」は悪夢のはじまりを告げるかのようだ。ジーン・ティアニーは幽霊のように出てきたかに見えるが、そのレインコート姿はリアルでエロチックですらある。
 ローラはレインコートに取り付けた柔らかいフードのような帽子をかぶっているのだが、額をあらわにだしたデザインはジーン・ティアニーの魅力をさりげなく強調するためにちがいない。



(山田宏一 『新編 美女と犯罪』 ワイズ出版 P100)
[PR]
by JustAChild | 2010-08-15 01:51 | Wards

タグ:山田宏一 ( 3 ) タグの人気記事

山田宏一   ブリジット・バルドーは探偵ごっこがお好き

 べべの最愛の夫(アンリ・ヴィダル)は若くてハンサムな歯医者さん。妖艶な美人ダンス教師(ドーン・アダムス)が彼をさかんに誘惑しようとしていることをべべは知っている。その美人ダンス教師が殺された。しかも、彼女の死体のかたわらには、こともあろうに、彼がピストルを手にして呆然と立ちつくしていた。もちろん、彼は無実、"あたしの彼"が殺人など犯すわけがないのだから。でも、警察はきっと彼を殺人容疑で逮捕するにちがいない。そのまえに、なんとかして真犯人を見つけださなければ!
 そこで、べべは、殺された美女のダンス教室にもぐりこみ(もちろん踊りはセックス同様得意中の得意なべべのことだからダンスの先生というふれこみで雇われる)、被害者の周辺をさぐってみると、怪しい人物がゾロゾロ出てくる。なかでも、ゲイ・バーのダンサーのフィリップ・ニコーが、どうも、くさい……。
 『気分を出してもう一度』(ミシェル・ボワロン監督、1959年)のブリジット・バルドーは、こうして、そそくさと事件の現場に出かけていき、独自の捜査を開始、そして、そんな彼女の素人探偵ぶりにうんざりさせられながらもじっとイライラして辛抱強く耐えてくれる警部さん(ポール・フランクール)の力を借りて、見事、真犯人をとらえてみせる。

<中略>

 ミシェル・ボワロン喜劇のべべは浮世の苦しみなど知らぬわがまま放題のブルジョワ娘。『気分を出してもう一度』の彼女が、アンリ・ヴィダル――というのは実生活ではミシェール・モルガンの若い夫で、『リラの門』(ルネ・クレール監督、1957年)でダニー・カレルを地下室にひっぱりこんで誘惑したセクシーで色男の殺人犯であるが、ミシェル・ボワロン喜劇ではいつもべべの愛する夫の役である――の演じるハンサムな歯医者さんを好きになって"しゃにむに"自分のものにしてしまったことは想像に難くない。実際、パパ(ノエル・ロクヴェール)の猛反対を押し切って、彼女はこの素敵な歯医者さんと結婚したのである。彼女はもちろんパパも大好きだが、歯医者さんの彼のほうがもっと好きなのだ。好きで好きでたまらないから、診察室にまで彼のあとをついていって、白衣を着こみ、患者などそっちのけにして、彼とベタベタ、キスばかりしている。その大好きな彼が濡れ衣を着せられて犯罪事件に巻き込まれたのである。べべとしては黙っているわけにはいかない。というわけで、この"神聖なお転婆娘"の探偵ごっこがはじまるのだ。
 ところが、この素人探偵は踊りに目がない。踊りはもちろん彼女にとってはセックスの代名詞である。その最も象徴的なシーンが、ダンス教室のホールで、"ふとって身軽な"ダリオ・モレノと陽気で快活なマンボを踊り狂うところ。『素直な悪女』の有名なマンボのシーン以上に心ときめく軽やかなたのしさにあふれていた――何もかも忘れてひたすらマンボを踊ることだけに身も心も浮かれ狂うべべの生きる歓びが、高らかな笑い声になってほとばしり出ていた忘れがたいシーンだ。
 すばらしいのは、べべの身の軽さである。マリリン・モンローは、たぶん、運動会の百メートル競走ではいつでもビリで、それがまた男性たちの拍手喝采を浴びることになるだろう。しかし、べべはけっしてビリにはならない――思ったよりもずっと身軽で、敏捷で、走るのが速いのである。もちろん、ミレーユ・ダルクのあの動物のような狡猾な疾走ぶりにはかなわないとしても。
 ミレーユ・ダルクも、ジョルジュ・ロートネル監督の抱腹絶倒暗黒活劇では、よく犯罪に首を突っこんだ。だが、彼女はひどく"こわがり"だし、そして逃げ足も早い。『気分を出してもう一度』のべべは、けっして大胆不敵というわけでもなく逃げ足が遅いわけでもないのだが、それにしても好奇心が強すぎるのである。もっとも、子供のような好奇心でフィリップ・ニコーの女装とメーキャップを穴のあくほど見つめているうちに、犯罪の謎をとくカギを発見するのであるが――。
 『ジャガーの眼』(クロード・シャブロル監督、1965年)のマリー=シャンタル(マリー・ラフォレ)のようにべべは何不自由ない都会の生活に退屈していたわけではないのだが、しかしいざ犯罪事件に巻きこまれたとなると、マリー=シャンタルも顔負けの冒険好きなのである。

(山田宏一 『新編 美女と犯罪』 ワイズ出版 P208)
[PR]
by JustAChild | 2010-09-24 17:42 | Wards

山田宏一   シルヴィア・シドニーのまごころ


 シルヴィア・シドニーは一九三〇年代のハリウッドの「最も悲しみにみちた瞳」の女優だった。
いつも、小さなかわいらしい丸顔に大きな眼をして、そのつぶらな瞳――というよりは目玉という感じなのだが、ベティ・デイヴィスの憎々しい目玉とは対照的なせつないくらいの愛くるしさだ――に涙をいっぱいたたえ、こみあげてくる悲しみにくちびるをふるわせ、かろうじて嗚咽をこらえていた。顔の半分くらいはありそうな大きな額はまるで悪意というものを知らない無垢にかがやいているかのように白くきれいで(心配事があると、顔いっぱいにその白くきれいな額をくもらせる)、小柄なからだ全体がまるで凍えるようにうちふるえ、暗い、喜びなき人生を一生懸命に生きようと傷つき、もだえているかのようだった。
 D・W・グリフィス監督のサイレント映画のヒロイン、あの、「彼女に対してかくもきびしくつめたかったこの世に最後の微笑みを送って」死んでいった『散り行く花』(一九一九)の薄幸のヒロイン、リリアン・ギッシュにも比較された。ただ、くちびるだけは、リリアン・ギッシュのおちょぼ口とは似ても似つかぬ、大きくふくよかな口唇で、それだけに、美しいまごころそのものといった彼女の小さなまるぽちゃの顔に微笑みが浮かぶと、あっという間に歓びがひろがって、こんなに思いがけなくて、こんなにうれしくて、こんなに感動的で、こんなに心をなごませてくれるものがこの世にあるんだろうかと思わせるくらいだし、愛する夫や恋人に熱いくちづけをするとき(彼女は、夫を、恋人を、いつも、まるで二度と帰ってこないと思っていたひとが帰ってきたかのような歓びにふるえながら迎え入れて抱きすくめるのである)、彼女ほど熱のこもったキスをする女性がこの世にいるだろうかとすら思わされるのだ。


(山田宏一 『新編 美女と犯罪』 ワイズ出版 P125)
[PR]
by JustAChild | 2010-08-28 04:52 | Wards

山田宏一   ジーン・ティアニーのローラ


一九四〇年代のハリウッドのフィルム・ノワールを妖しく彩ったファム・ファタール(妖婦=運命の女あるいは魔性の女)のなかでも、『ローラ殺人事件』のジーン・ティアニーは最も魅惑的な謎の美女だ。

<中略>

 「ローラが死んだあの週末をわたしは忘れない」というクリフトン・ウェッブのナレーションと回想から映画は始まる。典型的なフィルム・ノワールの話法だ。ローラの「保護者」であったジャーナリストのクリフトン・ウェッブがダナ・アンドリュースの刑事に向かって回想形式で語る話のなかにジーン・ティアニーのローラが生きた姿で出てくるのだが、ダナ・アンドリュースはもちろんまだ彼女の死体と彼女の部屋に飾られた肖像画しか見ていない。そして、すでに恋をしているのだ。「死体に恋をする」倒錯性をずばりクリフトン・ウェッブに指摘されるのも当然なのである。それから十四年後に死んだ女のイメージにとり憑かれて破滅にに向かう『めまい』(アルフレッド・ヒッチコック監督、一九五八)のジェームズ・スチュアートの前身と言ってもいいかもしれない。それからさらに三十一年後には、デヴィッド・リンチ監督がテレビ・ドラマ・シリーズ『ツイン・ピークス』で死んだ女(ローラという名は偶然だろうか?)に魅せられたように捜査をつづけるFBI捜査官(カイル・マクラクラン)を登場させることになる。
 ダナ・アンドリュースは、殺人事件の捜査にかこつけて、ローラの香水が――女の香りが――まだただようアパートに単身入りこみ、泊まりがけで、彼女の遺品を調べ、その「思い出」にふれる。
 暖炉の上の壁に掛けられたほとんど等身大のローラの肖像画に魅せられたまま、彼は深い椅子に腰をおろして眠ってしまう。テーマ音楽のメロディーが静かに流れる(シンセサイザーで処理されたような不思議な、そして悲痛な音色のテーマ音楽がメランコリックなムードを高めた記憶があるのだが、ビデオで見た版は、デヴィッド・ラクシンのスコアの美しい旋律には聴き覚えがあるものの、ごくふつうのオーケストラ演奏だった。記憶のなかで伴奏音楽の音色がふくらんでしまったのかもしれない)。
 外はどしゃ降りの雨である。それだけいっそう、部屋のなかの静けさが伝わってくる。ものすごくいいムードだ。キャメラがゆるやかに眠る男に寄っていく――まるで夢のシーンに入っていくかのように。それからまた、ワンカットのままキャメラを引くと、壁のローラの肖像画がフレームに入ってくるあたりで、ドアのあく音がする。キャメラがふりむくようにドアのほうをとらえると、レインコート姿の若い女が部屋に入って、ドアをしめるところである。女は誰かがソファに眠っているのにきづき、暖炉のわきの灯をつける。男は目をさまし、おどろいて見つめる。そこには死んだはずのローラが、夢の女が、立っているのである。
 ヒッチコックの『めまい』で、淡いグリーンの光に彩られて、死者の中から、キム・ノヴァクが、ジャームズ・ステュアートの前に、よみがえってくるシーンを想起させる、あるいはむしろ予告する、すばらしさだ。
 「生きていたのか」と男は信じられないように女に向かって言う。壁に掛けられた絵からそのまま抜け出てきたような非現実的なイメージではないにもかかわらず、彼女の「出現」は悪夢のはじまりを告げるかのようだ。ジーン・ティアニーは幽霊のように出てきたかに見えるが、そのレインコート姿はリアルでエロチックですらある。
 ローラはレインコートに取り付けた柔らかいフードのような帽子をかぶっているのだが、額をあらわにだしたデザインはジーン・ティアニーの魅力をさりげなく強調するためにちがいない。



(山田宏一 『新編 美女と犯罪』 ワイズ出版 P100)
[PR]
by JustAChild | 2010-08-15 01:51 | Wards


ここや/そこ/あちこちで/わたしたちは/徹底的に/やる


by JUSTAchild

プロフィールを見る

カテゴリ

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z
Wards

以前の記事

2016年 04月
2015年 01月
2014年 06月
2012年 12月
2012年 03月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

タグ

検索

記事ランキング